💻

シンクライアント/VDI環境をご利用のお客様へのご案内

Tags
Created
2022/9/27 7:35
 
  • oViceにアクセスすると、oViceの動作が遅くなる
  • oViceにアクセスすると、他のアプリケーションの動作が遅くなる
シンクライアント/VDI環境にてoViceをご利用で、上記のような挙動にお困りの場合、以下の内容をご確認ください。
 

遅いと感じる原因

oViceは他のウェブ会議サービスと比べ、スペースの背景画像、アニメーション、スペース上でのアバター移動など、音声や映像による他者との会話以外にも、同時に多くの処理が実行されています。
また現在の仕様では、カメラをオンにした場合に多くのリソースが使用されます。
そのため、シンクライアント環境では処理に時間がかかり、遅延を感じてしまうことがあると考えられます。
また、oViceのスペースにて会議等をされておらず、待機している状態では、ほぼCPUを使用しない設計となっており、他アプリケーションのご利用に支障をきたすことは考えにくいですが、GPUメモリは200MBほど利用する場合があるため、ご利用環境によってはGPUメモリが枯渇してしまっている可能性もございます。
 

遅さを軽減するには?

シンクライアント/VDI環境を使用する必要がある場合は、以下の項目をお試しいただけますと幸いです。
  1. 端末側で使用するリソースを小さくする
    1. 例えばoViceの設定では、背景画像を小さく、アニメーションや画像のデータを少なくすること、oViceの機能では、必要な時のみカメラ機能を使用することが挙げられます。
      その他に端末自体でできることとして利用していないブラウザタブは閉じる、使用しないアプリケーションは閉じる等の対策を実施していただくことが挙げられます。
 
  1. サーバー側のリソースを引き上げる
    1. サーバー側のリソースが少ない場合、シンクライアント全体に影響が出てしまいます。例えば、ご自身がメモリ負荷のかかる作業をしていない場合も、同じサーバーを利用する他のかたがビデオ会議など高負荷な作業をされていると、サーバー側のCPU、GPUが占有されてしまい、動作が遅く感じます。恐れ入りますがサーバーリソースの増強をご検討いただけますと幸いです。
 

まずは無料トライアル環境にてお試しください💁‍♀️

oViceでは、無料トライアルをご用意しております。普段お客様がご利用されている環境にて、oViceの各機能をお試しいただくことが可能です。是非ご検討ください。