オブジェクト権限の設定

Status
Assign

オブジェクト権限の設定

☝️
スペースで使える機能を、以下のユーザー権限ごとに制限できます。
・アドミン権限(管理者) ・メンバー権限 ・来訪者権限(ビジター)
各権限の詳細について、下記ヘルプページを参照ください。

オブジェクトの権限設定方法

 
  1. 管理者画面「スペース」を選択する(赤枠)
  1. スペースの下部にある「オブジェクト権限設定」(緑枠)を編集する ※アドミン、メンバー、来訪者(Visiter)の各機能のチェックを外すと使える機能を制限することができます。
  1. 各権限で使用したい機能のみチェックを行い、保存ボタンを押下し完了です
例)上記設定の場合、来訪者権限で入室するとこのように機能が表示されます。 ※ゲストモードの場合オブジェクトの倍率変更は0.5/1/2倍のみです。

ミーティングオブジェクトの制限について

ミーティングオブジェクトの権限を制限した場合、
メニューからミーティングを利用することが出来ないため、同時に呼び出し機能も制限されます。 ただし、制限されていても相手から呼ばれた場合は応答・拒否することが可能です。 呼び出し機能について、詳細は以下のリンクよりご確認ください。

入場者のアイコン設定について

・会員登録済みのアカウントで入場した際は、アイコン画像や名前などの情報は、前回までにご登録いただいたアカウント情報に紐づきます。
・ゲストモードでプロフィールを編集した場合は、一度退出するとデフォルトのものに戻ってしまいますので再度プロフィール変更が必要です。