スペースの種類の変更

Status
Assign
notion image

スペースの種類の変更

「スペース」設定画面の上記部分で、スペースの種類を変更できます。

パブリックスペースとは

スペースのURLを知っている全てのユーザーがアクセスできます。
スペースURLにアクセスする際、お名前を入力するだけで入室できます。

プライベートスペースとは

プライベートスペースを選択すると以下の設定ができます。
  • ノックの有無(赤枠) 「ノックをなし」にすると来訪者以下の権限の方がスペースに入れなくなります。
  • ノックサウンド選択(緑枠) ノックボタンを押した際に鳴るサウンドを選択できます。
  • ノックサウンドの音量調整(オレンジ枠) ノックを行った際のサウンド音量が調整できます。
  ※ノックサウンドは許可権限をお持ちの方にのみ聞こえるようになります。
  • 入室許可の権限(青枠) 入室許可が可能なユーザーの権限を決めることができます。
notion image
 

「ノックあり」設定時の動作を紹介

来訪者権限のユーザーが入ろとすると下記の画面になります。
赤枠のチャイムを押すとノック音がスペース内で鳴ります。
 
notion image
 
室内では下記画像の表記になります。(ノックサウンドがスペース内に響き渡ります。)
※右下の赤枠のようにロビーで待ってるユーザー名が表示されます。
notion image
 
赤枠を押すと下記の表示になります。
notion image
  • 『話す』ボタンを押すとロビーで待っている方と音声通信ができます。(赤枠)
  • オープンスペースへ案内します。(緑枠) 自動的に来訪者権限が付与されます。 ※24時間以内は自由に出入りすることができます。
  • 会議室に直接来訪者を案内します。(オレンジ枠) 会議室に案内した場合、自動的にゲスト権限が付与されます。 会議室から退室した場合はオープンスペースは経由せずロビーに戻ります。 ※再度スペースに入室する際はチャイムを押す必要があります。
  • 『拒否する』ボタンを押すと来訪者の入室を拒否する事ができます。(青枠)
 

ログイン状態でプライベートスペースにアクセスした場合

ログイン状態でアクセスした場合は下記の表示になります。
※「このスぺ―スのメンバーになりたい」ボタンが出てくる。
notion image
このスペースのメンバーになりたいボタンを押すと、下記画像右上の「完了しました!リクエストを送信しました」という表示が出ます。
※管理画面の「メンバー承認待ち」に表示されます。
notion image
 
入場しようととしたプライベートスぺ―スに誰もいない場合は、下記のように「中に誰もいません。」と表示されます。
※入室許可できるメンバーがスペース内にいないため、入室できません。
notion image
参考記事
■入場者の権限に関して
 
■ホワイトリストを使って入場者を管理する
・メンバーホワイトリスト(メンバー権限を自動で渡すための条件)
メンバーホワイトリスト
メンバーホワイトリストは会員登録済みの特定ユーザーに(ホワイトリスト設定後)初回入場時点からメンバー権限を自動的に付与する機能です。 メンバーとして登録したいユーザー数が多い場合など、アドミンユーザーのユーザーに対する権限変更の手間を省略することが可能となります。 ①管理画面で【メンバーホワイトリスト】を選択する ②メンバーホワイトリストの項目を入力する WhiteListed Email Domains ドメインを登録すると、そのドメインを保有するメールアドレスでoViceへ会員登録したユーザーがアクセスすると自動的にメンバー権限が付与されます。 WhiteListed Emails 登録されたメールアドレスで会員登録済みのユーザーにメンバー権限を自動付与 WHITELISTED SSO SSO設定された場合に有効化する方法です。 有効化する場合は、チェックお願い致します。 WhiteListed Passward 設定済みのPWを知っている人だけが入室可能で入室後にメンバー権限が付与される(確認は初回のみ ) *事前の会員登録または別のサービスとの連携でメールアドレスでのログイン必須) *パスワード複数作成した場合は【or】の設定です。 *パスワードは1文字から設定可能で、記号や文字数の制限はありません。 WhiteListed IP Addresses 設定したIPアドレスとスペース入場時のIPアドレスが同一であれば入場可能(対象はメンバー権限のアカウントのみ / ゲストやアドミンには適用されません) *WhiteListed Email Domains、WhiteListed Emails、WHITELISTED SSOについてはOR条件 *WhiteListed Passward、WhiteListed IP Addressesについては上記とAND条件となります。 ※設定例:会社利用の場合※ ※スペースの設定をプライベートスペースに変更する方法 メリット :会社のドメインでメールアドレスを持っている人しか入れなくなる
 
・来訪者ホワイトリスト(来訪者権限を自動で渡すための条件設定)