page icon

外部サービス連携(Webフックの利用)

スペース内の入退室、チャットなどをトリガーとしたWebフックを設定し、外部サービスで通知を受け取ります。

設定可能なトリガー

トリガー通知を受け取るタイミング
オンラインスペースへ入室した時
オフラインスペースから退室した時
ルームへの入室ルームへ入室した時
ルームからの退室ルームから退室した時
離席離席した時
離席から戻る離席から戻った時
離席メモ離席中にメモを残した時
インターホンインターホンを受け取った時
パブリックチャットオープンスペースでパブリックチャットが送信された時

各サービスとの連携

Slack

Teams

Gmail(Zapier利用)

GoogleChat

Chatwork(Zapier利用)

トリガーと通知の基本設定
  1. oViceとZapierを連携
  1. ZapierとChatworkを連携

Webex

ポストデータの設定

  • 形式
    • {"text":"通知内容"}
      通知内容の部分は、自由に文字列を指定できます。
      以下の項目をポストデータに追加することで、トリガーとなったアクションのユーザー情報やチャット内容を通知に加えることができます。
      {{name}}アクションを起こしたユーザーの表示名全てのトリガーで利用可能
      {{email}}アクションを起こしたユーザーのメールアドレス全てのトリガーで利用可能
      {{memo}}離席メモの内容「離席メモ」で利用可能
      {{message}}チャットの内容「パブリックチャット」で利用可能
      {{room}}入退室したルーム名「ルームへの入室」「ルームからの退室」で利用可能
  • サンプル
    • トリガーサンプル
      オンライン{"text":"{{name}}さん({{email}})が入室しました。"}
      オフライン{"text":"{{name}}さんが退出しました。"}
      ルームへの入室{"text":"{{name}}さんが{{room}}に入室しました。"}
      ルームからの退室{"text":"{{name}}さんが{{room}}から退室しました。"}
      離席{"text":"{{name}}さんが離席しました。"}
      離席から戻る{"text":"{{name}}さんが離席から戻りました。"}
      離席メモ{"text":"{{name}}さんが離席時に「{{memo}}」とメモを残しました。"}
      インターホン{"text":"{{name}}さん({{email}})がインターホンを押しました。"}
      パブリックチャット{"text":"{{name}}さんが「{{message}}」とチャットを送りました。"}