🤝

権限付与(ユーザー設定)

権限付与の方法

oViceではユーザー設定から権限の付与を行えます。

ゲスト(管理者権限付与はこちら)

notion image
  • 過去にスペースに訪問した来訪者権限以下の方々の履歴を確認することができます。
  • ゲストが会員登録をした状態でアクセスしている(EMAIL欄にメールアドレスが入っている)場合のみ、アクション欄の権限ボタンをクリックすることでアドミンが特定のユーザーに対してメンバーまたはアドミンとしての権限を付与することができます。
※メンバー/アドミンの権限付与はoViceへの事前会員登録が必須です※
 
会員登録方法は以下を参照ください。
 

メンバー

notion image
  • すでにメンバーもしくはアドミンとなっているユーザーが表示されます。
  • アドミンの権限はアクション欄の権限ボタンから付与可能です。
 

承認待ちユーザー

notion image
  • プライベートスペースに設定した際に、入口で「このスぺースのメンバーになりたい」を選択したユーザーのリストが表示されます。
  • 承認待ちリストを確認し、アクション欄で承認するとメンバー権限にすることができます。
 
oViceの権限
  1. アドミン *管理者権限ページにログインできるユーザーです。  下記の動画の設定を変更することが可能です。
  1. メンバー *アドミン権限者がメンバー権限を付与したメンバーです。  メンバーホワイトリストで自動付与することも可能です。  プライベートスペース設定の際に、許可なくスペースに入れる権限となります。  メンバー権限から、オブジェクトの拡大範囲を「×64」まで選択できます。  メールアドレスの登録が必須となります。
  1. 来訪者
  1. ゲスト
 
下記にて、来訪者とゲストの違いを紹介させて頂きます。

来訪者とゲストの違い

【来訪者とは】
  • 1度来訪者ホワイトリストの条件に適合して入場した来訪者はその入場日時から24時間以内であれば自由に入退室が可能です。
  • 一般的なスぺース内での操作は行うことができますが、oViceロゴ(または三本線)をクリックすることができませんので、各種追加機能はご利用いただけません。
  • 24時間が経過すると来訪者の権限がなくなり、ゲストに変更されるため、再度来訪者ホワイトリストの条件に適合するかどうかの確認画面が入場時に表示されます。
  • 来訪者として入場したユーザーに再入場時もパスワードなどの入力を求めたい場合には、当該来訪者権限保有ユーザーを手動でゲストへ権限変更してください。
  • オブジェクトの拡大範囲は「×2」までとなります。
 
【ゲストとは】
  • ゲスト権限はプライベートスペース設定において、会議室にのみ入室した事のあるユーザーの総称です。
  • 会議室から退室してしまうと、ロビーに転送されますので、一般的なスペース内での動作はできません。
  • 来訪者権限の人がスペースに訪問して24時間経つとゲスト権限になります。
 
Reauthentificateという表示について
ゲスト、メンバーの一覧右端のカラムに『Reauthentificate』という表示がございます。
こちらをクリックしていただくと会員登録済みのユーザーであればユーザーごとにアドミンからメールの再認証を強制的にかけることが可能です。
 
メンバー/ゲストページにおけるユーザー検索機能
メンバー/ゲストページで「名前」もしくは「メールアドレス」で検索が可能です。
notion image