🔔

外部通知

Slack連携の方法

oViceの通知をslackに飛ばす方法 - Qiita

所要時間10-15分 oViceのスペースに誰かが入室した時等に通知をslackに飛ばす方法をご説明します。 写真付きで説明してるので、コードがわからない人でも大丈夫です! つまづいたポイントも掲載しておくので、 このあたりの作業に慣れている方はサンプルコードと落とし穴だけ回避してもらうとスムーズに設定できると思います。 slack用アプリの作成・設定 slack Incoming Webhooksの設定 oViceの管理画面でWebhookのURL、PostDataを登録する リンク: https://api.slack.com/apps ①アプリ名を入力  ②ワークスペースを選択 ③「Create App」ボタン選択 ⚠️注意点⚠️ あとでApp Name変えられるよ!って書いてるけど、信用しないでください(多分) App Nameにアンダースコアを入れてしまった結果、設定は全て正しいのに通知が飛ばず数時間無駄にしたので記号を使わない方が無難のようです。 後からApp Nameを変更しても通知は飛ばず、同じ設定でApp Nameに記号を使わず英語だけにすると通知が飛びました・・・(笑) スコープでこのアプリで使用可能な機能範囲を設定します。 ※この時点で選択したchannelにアプリがインストールされます。 追加が完了するとリストに下図のように表示されます。 「Copy」を選択してWebhook URLをコピーしておいてください。 ※後からでも参照できます。 下記、項目を設定し、OKボタンを選択します。 enter: スペースへの入場した時 leave: スペースから退場した時 away: 一時離席(コーヒーカップ)をクリックした時 memo: 一時離席中にメモを残した時 comeback: 一時離席から戻った時 前の手順でコピーしておいた「Webhook URL」を貼り付けてください。 フォーマットは下記になります {"text":"送信内容"} ※name, email, memo(memoトリガーのみ)の三つの変数が利用できます。 以上で設定完了となります!! oViceを操作してみて通知が飛ぶか試してみてください。 うまく設定できていればこんな風に指定したチャンネルに通知が飛ぶはずです。 スコープで 「chat:write」 ではなく 「call:write」 を選んでいた。スペルを形が似ていて、雰囲気で選んでしまっていた。 slack用のアプリにアンダースコアを利用した。

oViceの通知をslackに飛ばす方法 - Qiita

oViceに入場した人をSlackに通知する方法です。

Teams連携方法

oViceに入場した人をTeamsに通知する方法です。

Zapierを利用したoViceのGmail通知方法

# Zapierを利用したoViceのGmail通知方法(補足:Googleスプレッドシートへの追記) - Qiita

所要時間15-20分 oViceのスペースから誰かが退場した時等に通知をGmailに飛ばす方法をご説明します。 写真付きで説明してるので、コードがわからない人でも大丈夫です! oViceとGmailだけの場合では完全なノーコーディングの実現が難しいため、中継にZapierというサービスを使います。 oViceアカウント(アドミン) :Webhookの設定をするためにアドミン権限が必要です。 Gmailアカウント :送信元に使います。 Zapierアカウント:Zap(後述)を作るのに使います。数に制限はありますが無料プランのアカウントでもZapは作れます。 Zapierにおけるサービス間連携のレシピのようなものです。名前をつけて保存ができます。 トリガーとアクションからできています。 今回は、「oViceのスペースから誰かが退場したら」をトリガー、「Gmailに通知を飛ばす」をアクションとして設定します。 Zapを作る設定(Make a Zap)の概要は以下のとおりです。 1.Trigger - トリガーの設定 App Event- 連携元アプリを選びます。 Trigger Event - 連携を起こすためのトリガーを選びます。 Test trigger - トリガーをテストします。 2.Action - 連携先アプリを選びます。 Action Event - どんなアクションをするかを選びます。 Set up Action- 送るデータを成形します。 それでははじめていきましょう。 下記の流れで作成していきます。 1.Zapierアカウントの作成 2.Zapierでトリガーの設定 3.oViceの管理画面でWebhookのURL、PostDataを登録する 4.Zapierでアクションの設定 補足:Googleスプレッドシートへの追記 リンク先: https://zapier.com/ 上記リンクにアクセスし、Zapierアカウントを作成します。 Google等のアカウントでサインアップしてもいいですし Work Email, First Name, Last Nameを記入して「Get Started Free」をクリックでもOKです。 ZapierからWelcomeメールが送られてきて、無料アカウント作成完了です。 下記、項目を設定し、OKボタンを選択します。 When(イベントの種類): enter: スペースへの入場した時 leave: スペースから退場した時 ※今回はこちらを選択 away: 一時離席(コーヒーカップ)をクリックした時 memo: 一時離席中にメモを残した時 comeback: 一時離席から戻った時 Url Hook 前の手順でコピーしておいたZapierの「Webhook URL」を貼り付けてください。 Post Data(送信内容) フォーマットは下記になります {"text":"送信内容"} ※name, email, memo(memoトリガーのみ)の三つの変数が利用できます。 タイミングによりテストが成功しない場合は、何度か試してみてください。これでトリガー側(oVice側)の設定はおわりです。「Continue」をクリックします。 宛先メールアドレス、Subject欄(メールタイトル)、Body欄(本文)を自由にカスタマイズしていきます。(Body欄をクリックすると、トリガーテスト時に受け取ったフォーマットが選択できます。)宛先は複数指定することが可能です。(Zapを作成後に修正するときは、またこの画面で編集ができます。) 以上で設定完了です! 実際にoViceのスペースから退場してみて下記のように宛先に指定したアドレスにGmailが届くか確認してみましょう。 上記手順で作ったZapierのActionを追加してGoogleスプレッドシートに追記し、勤怠表として使用することもできます。その手順をご説明します。 ※今回の手順はGmail通知の本文と同じ内容を1セルに出力する手順ですので時間、イベント内容、名前、メールアドレスを別々のセルに出力したい場合は「Make a Zap」で新しいZapを作成して「 3.oViceの管理画面でWebhookのURL、PostDataを登録する」-「Post-Data(送信内容)」でname, emailを分けて取得するように設定等すると良いかと思います。 ドライブ、スプレッドシート、シート、出力箇所と出力内容を選択し「Continue」をクリックします。 ...

# Zapierを利用したoViceのGmail通知方法(補足:Googleスプレッドシートへの追記) - Qiita

oViceに入退場した人をGmailに通知する方法です。

ChatworkとoViceを連携する方法(Zapierを利用)

①ZapierでoViceをトリガーに設定する

ZapierでoViceをトリガーに設定する方法 - Qiita

所要時間5-10分 oViceのwebhookをZapierに飛ばす方法です。 写真付きで説明してるので、コードがわからない人でも大丈夫です! oViceアカウント(アドミン) :Webhookの設定をするためにアドミン権限が必要です。 Zapierアカウント:Zap(後述)を作るのに使います。数に制限はありますが無料プランのアカウントでもZapは作れます。 Zapierにおけるサービス間連携のレシピのようなものです。名前をつけて保存ができます。 トリガーとアクションからできています。 今回は、「oViceのスペースから」をトリガーに設定します。 Zapを作る設定(Make a Zap)の概要は以下のとおりです。 1.Trigger - トリガーの設定 App Event- 連携元アプリを選びます。 Trigger Event - 連携を起こすためのトリガーを選びます。 Test trigger - トリガーをテストします。 2.Action - 連携先アプリを選びます。 Action Event - どんなアクションをするかを選びます。 Set up Action- 送るデータを成形します。 それでははじめていきましょう。 下記の流れで作成していきます。 1.Zapierアカウントの作成 2.Zapierでトリガーの設定 3.oViceの管理画面でWebhookのURL、PostDataを登録する リンク先: https://zapier.com/ 上記リンクにアクセスし、Zapierアカウントを作成します。 Google等のアカウントでサインアップしてもいいですし Work Email, First Name, Last Nameを記入して「Get Started Free」をクリックでもOKです。 ZapierからWelcomeメールが送られてきて、無料アカウント作成完了です。 下記、項目を設定し、OKボタンを選択します。 When(イベントの種類): enter: スペースへの入場した時 leave: スペースから退場した時 ※今回はこちらを選択 away: 一時離席(コーヒーカップ)をクリックした時 memo: 一時離席中にメモを残した時 comeback: 一時離席から戻った時 Url Hook 前の手順でコピーしておいたZapierの「Webhook URL」を貼り付けてください。 Post Data(送信内容) フォーマットは下記になります {"text":"送信内容"} ※name, email, memo(memoトリガーのみ)の三つの変数が利用できます。 タイミングによりテストが成功しない場合は、何度か試してみてください。これでトリガー側(oVice側)の設定はおわりです。「Continue」をクリックします。

ZapierでoViceをトリガーに設定する方法 - Qiita

②下記の記事を参考に頂き、ZapierのアクションをChatworkに設定する

そのほかのサービスと接続させる方法〜チャットワークとZapierが連携 その③ | Chatworkブログ

いつもチャットワークをご利用いただき、誠にありがとうございます。 この記事では、弊社で用意した8つの組み合わせ以外のサービスと接続させる方法を解説します。 【関連記事】 すぐに接続できる!8つのサービスとの接続設定を事前に用意しました!〜チャットワークとZapierが連携 その② Zapierでできることと初期設定方法〜チャットワークとZapierが連携 その① 新たに他のサービスとチャットワークを接続させる方法 Zapierには接続させることができるサービスが約400あり、 こちらの接続可能サービス一覧 で確認できます。 自分で新しい組み合わせを作成する場合、細かい設定を行う必要があります。 自分の働き方や、ツールの利用用途に応じた設定を行うことができるので、Zapierに慣れてきた方は、是非試してみてください。 今回は、チャットワークとGoogle Sheets(日本語版での名称は、Googleスプレッドシート)の接続を例に利用方法を解説します。 なおChatWork社では、海外のビジネスパートナーへの質問を、日本チームがGoogleスプレッドシートに書き込むと、窓口となっている海外担当者にタスクとして振られる、といった活用をしています。 1. Googleスプレッドシートを選択 メニューバーの「Make a zap」というタブをクリックします。 「Choose a Trigger app」でGoogle Sheetsを選択し、「Choose a Trigger」のメニューから「Updated Spread sheet row」を選択します。 2. 接続先サービスのアカウント情報の登録 Googleのアカウントを登録します。「Connect a New Account」をクリックすると、認証画面が表示されます。 Googleのアカウント接続承認画面が表示されるので、"認証"をクリックしてください。 アカウントが追加されて表示されれば、接続完了です。 3. 接続先サービスの送信情報を設定 接続したいスプレッドシートを選択し、次にスプレッドシート内のタブを選択し、 スプレッドシート内で内容の追加・編集を行う列を選択します。 4. チャットワークを選択 つぎに右側の「Choose an Action app」で「ChatWork」を選択し、「Choose an Action」のメニューから「Create Task」を選択します。 4.

そのほかのサービスと接続させる方法〜チャットワークとZapierが連携 その③ | Chatworkブログ

SlackにoVice入室情報を連携する方法

oViceのスペース入室状況をslackに通知する方法 - Qiita

所要時間30-40分 oViceのスペースに誰が入室しているか、離席しているかをslackに通知する方法をご説明します。 今回はGoogle Apps Script(GAS)を利用していますが 写真付きで説明してるので、コードがわからない人でも大丈夫です! 1.oViceのWebhookでGoogleドライブ上のスプレッドシート(oVice入退出状況メンバー一覧)を更新する。(メールアドレスで照合してファイル内になければ行追加、あれば行の「入退出状況」を更新) ※下図は入室時のファイル出力イメージです。 2.スプレッドシートから「GAS+slack Incoming Webhooks」 でslackへoVice入退出状況メッセージを送る。 ☆処理の流れイメージ 1.slack用アプリの作成・設定、slack Incoming Webhooksの設定 2.Googleスプレッドシートの設置、GASの修正・デプロイ 3.oViceの管理画面でWebhookのURL、PostDataを登録する oViceの通知をslackに飛ばす方法 上記リンク記事のslack通知を実施済みかにより手順が変わります。 slack Incoming WebhooksのURLをコピーしておくだけで大丈夫です。 (「https://hooks.slack.com/services」で始まるURL) 上記リンク記事のslack側の設定(1と2)を実施する -1. slack用アプリの作成・設定 -2. slack Incoming Webhooksの設定 のみ実施する。 ※「3. oViceの管理画面でWebhookのURL、PostDataを登録する」は実施しない。 oVice入退出状況メンバー一覧.xlsx ※ファイル名は任意のものに変えて構いません。シート名を変えるとスクリプトの修正が必要となるため変更しないでください。 - SPACE_NAME:任意のoViceスペース名 - POST_URL:「1.

oViceのスペース入室状況をslackに通知する方法 - Qiita

SlackにoVice入室情報を定期的に連携する方法

oViceのスペース入室状況をslackに定期的に送信する方法 - Qiita

所要時間30-40分 oViceのスペースに誰が入室しているか、離席しているかとそれぞれの人数をslackに定期的(30分間隔)に送信する方法をご説明します。 Google Apps Script(GAS)を利用していますが 写真付きで説明してるので、コードがわからない人でも大丈夫です! 1.oViceのWebhookでGoogleドライブ上のスプレッドシート(oVice入退出状況メンバー一覧)を更新する。(メールアドレスで照合してファイル内になければ行追加、あれば行の「入退出状況」を更新) ※下図は入室時のファイル出力イメージです。 2.スプレッドシートから「GAS+slack Incoming Webhooks」 でslackへoVice入退出状況メッセージをトリガーを利用して定期的に送る。 ☆処理の流れイメージ 1.slack用アプリの作成・設定、slack Incoming Webhooksの設定 2.Googleスプレッドシートの設置、GASの修正・デプロイ 3.GASのトリガー設定 4.oViceの管理画面でWebhookのURL、PostDataを登録する oViceの通知をslackに飛ばす方法 上記リンク記事のslack通知を実施済みかにより手順が変わります。 slack Incoming WebhooksのURLをコピーしておくだけで大丈夫です。 (「https://hooks.slack.com/services」で始まるURL) 上記リンク記事のslack側の設定(1と2)を実施する -1. slack用アプリの作成・設定 -2. slack Incoming Webhooksの設定 のみ実施する。 ※「3. oViceの管理画面でWebhookのURL、PostDataを登録する」は実施しない。 oVice入退出状況定期送信_Slack ※ファイル名は任意のものに変えて構いません。シート名を変えるとスクリプトの修正が必要となるため変更しないでください。 【注意点】 oViceのスペース入室状況をslackに通知する方法 上記手順でスプレッドシートを作成された方、今回のスプレッドシートは前回と内容が異なり再作成が必要となるのでご注意ください。また、旧通知を止めたい場合は旧スプレッドシートを削除するかトリガーをすべて削除してください。 - SPACE_NAME:任意のoViceスペース名 - POST_URL:「1.

oViceのスペース入室状況をslackに定期的に送信する方法 - Qiita