📹

ミーティング(ビデオ通話)


共有スペースでの映像ミーティング機能

会議室に入らなくても、その場ですぐに双方のカメラ映像を表示することができます。
☝️
カメラをONにしない状態では🔊スピーカー(音声通話) と同じく、音声のみの通信になります。

【基本操作】

ミーティングオブジェクトの立ち上げ方法

  1. ご自身のアバター付近で、右クリックする
※管理者による権限設定で、表示されるアイコンは変更になります。 ※画面下部のアイコンバーの「+マーク」からミーティングオブジェクトを立ち上げることも可能です。
  1. 人型のアイコン「👤👤👤」※ミーティングオブジェクトをクリックする ミーティングオブジェクトを立ち上げると下記のように靄のかかったウィンドウが上部に表示されます。
  1. 立ち上げ時はカメラがオフになっています、アイコンバーのビデオボタンをクリックしてオンにしてください。
    1. ※自分のカメラをONにすると画面上部のウィンドウに小さい枠として表示されます。     ビデオ画面をクリックすることで拡大することが可能です。 ※オブジェクト立ち上げたユーザー、参加者ユーザーで表示されるメニューが異なります。
      ⇩下図、ビデオボタンをオンにした際のイメージ図⇩
  1. 次に、他の方も映像を出す際の手順です。
    1. 先の方が配置された、円形の「👤👤👤」オブジェクトをクリックまたは右上の靄のかかった画面内右上緑色の「参加」ボタンをクリックしますと黒線にてオブジェクトに接続されます。
    2. 先述同様、アイコンバーにビデオアイコンが表示されますのでそのアイコンをクリックします。
      1. このように双方向で映像・音声を共有し、お話しいただく事が可能となります。 ※2つ以上の映像が表示されている状態で、自分の映像をクリックすると自分の映像を縮小することができます。

複数人でカメラONにした場合

25名以上カメラをONにした場合は、26名以降は2ページ目に表示されます。
 

【応用機能】

映像・音声が届く範囲を調整したい

映像・音声が届く範囲を調整することが可能です。 トークセッション等で特定の方のお話を会場の広い範囲に届けたい場合等活用いただける機能です。

映像・音声が届く範囲を調整する方法

  1. ミーティングオブジェクトを立ち上げる
  1. 画面上部に表示されるウィンドウの「×1」のプルダウンを押下する
  1. 適した倍率を選択し完了です
【機能の特徴】
  • 当機能はすべてのオブジェクトに共通する仕様です。
  • 一番初めに立ち上げたホスト、かつ管理者・メンバー権限をお持ちの方に限り、映像・音声の共有範囲を変更することが可能です。(来訪者・ゲストの方は「x0.5・x1・x2」のみ表示されます。)
  • ミーティングオブジェクトおよびカメラオブジェクトを起動した時のみ画面下部アイコンバーにビデオのアイコンが現れます。
  • マイク機能と同様、クリックでON/OFFの切り替えができ、画面下部の歯車のマークから設定を確認可能です。

使用カメラの変更方法

画面下部の⚙(歯車マークを)を押下すると使用しているカメラを変更することが可能です。
■カメラ選択

背景エフェクトの変更方法

画面下部の⚙(歯車マークを)を押下すると背景エフェクトを変更することが可能です。
■エフェクト選択

【併せて読まれる記事】