スペースの入室を時間制限にしたい

Tags
システム
Property
下記の3つの方法で対応可能です。
 
  1. 来訪者ホワイトリスト(パスワード→メールアドレス)とプライベートスペースを利用する *参加者は会員登録をしていない場合となります。 ①管理画面→スペース→スペースの種類をプライベートスペースにして、ノックをしないにする。
    1. ②会場5分〜10分前(入場OKのタイミング)に来訪者ホワイトリストのパスワードを設定する(パスワードは参加者に事前に周知しておく)
      来訪者ホワイトリスト
      来訪者ホワイトリストはゲストユーザーが入室する際に条件を設けることにより、条件に合致したゲストユーザーを来訪者として入場させ、24時間の間については承認なしで入場できるようにする機能です。 オフィス利用の場合は外部の方をプライベートスペースに招き入れる場合にご活用ください。 イベント利用の場合は入場可能なユーザーを制限してご運用いただく場合にご活用ください。 (有料イベントやクローズドイベントの場合) ①管理画面で【来訪者ホワイトリスト】を選択する ②来訪者ホワイトリストの項目を入力する WhiteListed Email Domains ドメインを登録すると、ドメインが入ったメールアドレスを入力したユーザーがスペースに入室できます。 【例】ovice.coを入力した場合 test@ovice.coを入力すると入室できます。    *@マーク以下のみで判定しますので、厳密にする場合は、「WhiteListed Emails」をご利用ください。 WhiteListed Emails 登録されたメールアドレスを入力できたユーザーがスペースに入室できます。 WhiteListed Password 設定済みのPWを知っている人だけがスペースに入室できます。 *パスワード複数作成した場合は【or】の設定です。 *パスワードは1文字から設定可能で、記号や文字数の制限はありません。 WhiteListed IP Addresses 設定したIPアドレスとスペース入場時のIPアドレスが同一であれば入場可能(対象は来訪者権限のアカウントのみ / メンバーやアドミンには適用されません) *WhiteListed Email Domains、WhiteListed EmailsについてはOR条件 *WhiteListed Passward、WhiteListed IP Addressesについては上記とAND条件となります。 oViceをイベント利用する際に良くされる設定 イベントに参加する人を制限する
       
      ③会が終了した後、来訪者ホワイトリストのパスワードを削除し、メールアドレスを登録する。 *登録したメールアドレスを知らない「来訪者」権限の方は入室できなくなるので、適当なアドレスを登録してください。例)naikjpajjbaskjhao@hciohapjpaj.com
       
  1. 来訪者ホワイトリストとプライベートスペースを利用する
    1. *参加者は会員登録をしてない場合となります。
      ①管理画面→スペース→スペースの種類をプライベートスペースにして、ノックをしないにする。
      ②会場5分〜10分前(入場OKのタイミング)に来訪者ホワイトリストのパスワードを設定する(パスワードは参加者に事前に周知しておく)
      来訪者ホワイトリスト
      来訪者ホワイトリストはゲストユーザーが入室する際に条件を設けることにより、条件に合致したゲストユーザーを来訪者として入場させ、24時間の間については承認なしで入場できるようにする機能です。 オフィス利用の場合は外部の方をプライベートスペースに招き入れる場合にご活用ください。 イベント利用の場合は入場可能なユーザーを制限してご運用いただく場合にご活用ください。 (有料イベントやクローズドイベントの場合) ①管理画面で【来訪者ホワイトリスト】を選択する ②来訪者ホワイトリストの項目を入力する WhiteListed Email Domains ドメインを登録すると、ドメインが入ったメールアドレスを入力したユーザーがスペースに入室できます。 【例】ovice.coを入力した場合 test@ovice.coを入力すると入室できます。    *@マーク以下のみで判定しますので、厳密にする場合は、「WhiteListed Emails」をご利用ください。 WhiteListed Emails 登録されたメールアドレスを入力できたユーザーがスペースに入室できます。 WhiteListed Password 設定済みのPWを知っている人だけがスペースに入室できます。 *パスワード複数作成した場合は【or】の設定です。 *パスワードは1文字から設定可能で、記号や文字数の制限はありません。 WhiteListed IP Addresses 設定したIPアドレスとスペース入場時のIPアドレスが同一であれば入場可能(対象は来訪者権限のアカウントのみ / メンバーやアドミンには適用されません) *WhiteListed Email Domains、WhiteListed EmailsについてはOR条件 *WhiteListed Passward、WhiteListed IP Addressesについては上記とAND条件となります。 oViceをイベント利用する際に良くされる設定 イベントに参加する人を制限する
      ③会が終了した後、来訪者ホワイトリストのパスワードを削除する。 *管理画面→ゲストの欄を確認して、メールアドレスが登録されているユーザーの権限をゲストにする必要あり
       
  1. メンバーホワイトリストとプライベートスペースを利用する *参加者は全員メンバー登録が必要です。 ①管理画面→スペース→スペースの種類をプライベートスペースににする。
    1. ②メンバーホワイトリストにメンバー権限を渡したい条件を入れる。
      メンバーホワイトリスト
      メンバーホワイトリストは会員登録済みの特定ユーザーに(ホワイトリスト設定後)初回入場時点からメンバー権限を自動的に付与する機能です。 メンバーとして登録したいユーザー数が多い場合など、アドミンユーザーのユーザーに対する権限変更の手間を省略することが可能となります。 ①管理画面で【メンバーホワイトリスト】を選択する ②メンバーホワイトリストの項目を入力する WhiteListed Email Domains ドメインを登録すると、そのドメインを保有するメールアドレスでoViceへ会員登録したユーザーがアクセスすると自動的にメンバー権限が付与されます。 WhiteListed Emails 登録されたメールアドレスで会員登録済みのユーザーにメンバー権限を自動付与 WHITELISTED SSO SSO設定された場合に有効化する方法です。 有効化する場合は、チェックお願い致します。 WhiteListed Password 設定済みのPWを知っている人だけが入室可能で入室後にメンバー権限が付与される(確認は初回のみ ) *メールアドレスでのログイン必須 *パスワード複数作成した場合は【or】の設定です。 *パスワードは1文字から設定可能で、記号や文字数の制限はありません。 WhiteListed IP Addresses 設定したIPアドレスとスペース入場時のIPアドレスが同一であれば入場可能(対象はメンバー権限のアカウントのみ / ゲストやアドミンには適用されません) *WhiteListed Email Domains、WhiteListed EmailsについてはOR条件 *WHITELISTED SSO、WhiteListed Passward、WhiteListed IP Addressesについては上記とAND条件となります。 ※設定例:会社利用の場合※ ※スペースの設定をプライベートスペースに変更する方法 メリット :会社のドメインでメールアドレスを持っている人しか入れなくなる
      ③会が終了した際に、メンバーホワイトリストの条件を変更する。 *こうすることで、メンバー権限の方がホワイトリストで弾かれて、入室できないようになります。